https://mkclub.press

親との確執

親との確執がある時、親を見送る時どうしよう?と考える

2022-02-04

ご覧いただきありがとうございます^^

ここ数年、考えることがあります。

「親を見送る時どうしよう、、、、?」

親との確執がある場合、、、、

そこに至るまでの話し合いや整理ができない。

終活を考える

ここ最近、「年賀状はこれを持ちまして、、、、」っと

書かれた年賀状が届く。

パパのお仕事関係で知り合った

女性のからの昨年の年賀状が最初だった。

今年の年賀状でも、年の近いお家から届いた。

もう、そんな年代になってきたのね。

どこのお家も、、、、、

何かしらの身じまいに備えてるんだな、、、っと

実家の終活

我が家の実家の場合で言えば、

大切なことの相談はない。

何でも勝手に決めて結果だけ。

それでいて、ちゃんとしてないので心配になる。

父の時は、突然の事故死だったので

別居で長年一人暮らしをしていたので

なにが?

どこに?

どうしたらいいの?

、、、と片付けるところから始まった。

母は、全部捨てた。

自分のものは捨てないけど人のものは容赦ない

さて、母はというと

15年以上経っても、

父の住んでいた家や土地など

名義変更もしていないのが判明。

大阪の家ももちろんしてないだろう、、、、。

コロナもあり、大阪から父の家は遠くなかなか行けない。

おば(母の弟の嫁)が、仲良くて

「いらないもの処分しないとあかんよ!」っと

一緒に少しはしたらしいけど、、、、

その人が、私にいろいろ知らなかった

父の遺産の使い道を昨年教えてくれて、

突然の自○、、、、、。

・・・。

母といえば、

  • 自分は完璧だ
  • めんどくさいことはしない
  • 説明・話し合いはしない
  • 人の話は聞かない
  • 持ち上げてくれる人としか付き合わない
  • 自分の意見が通る人とだけ話す
  • 動けば動くほど怪しい友達がでてくる
  • 動けば動くほど借金を作る
  • 自分はしてもらうだけ
  • 嘘をつく

普通に言っても聞かないので

私は、資格を取ることを決心し、

終活ライフケアプランナーの資格を習得。

エンディングノート

話し合うということが全く無いので

「エンディングノート」に付箋をつけ弟に預けた。

結果、「手が震えるから書けない。」

遺産の詳細が知りたいということには、

「あんたが好きにしていいっていったやん。」って

私は、自分の法定相続分全額は貰えず

弟は、中古マンションを買ってもらいました。

本人はそのことは知らなかったようで

マンションより現金が欲しかったようです。

結局、事業がうまく行かず借金のかたにマンションはなくなりました。

その後に住む賃貸マンションは、詳細知らぬまま、うちのパパが保証人になり入居。知ってたら、絶対に断りました。

まぁ、これを機会に弟と少し話したようなので

良かったと思うけれど、、、、

二人はロジカルタイプなんだけど、、、、

まぁ、、、、、、

この二人は経済観念が微妙なので不安は続く、、、。

見送る時を考える

現在、母は肝細胞癌を罹患。

なるべく、普段はかかわり合いにならないように

生活をしているけれど、、、、

お正月、2年ぶりに顔だけ見に行ってきた。

娘が、行っとかないと後悔するのでは?っと、、、、

夫には、昨年の秋の終わりにはじめて

性格統計学を学んだことで、

母のことを打ち明けることができた。

自分がどうしたいか決めたらいいと言う感じ。

20分のために、家族は往復5時間車移動付き合ってくれた。

久しぶりに会う母は、

やせ細ってるわけでもないが

長らくの自己流健康管理のせいで歩けなくなって

杖なしでは立てない状態だった。

家の中では杖で立ち、

外では車椅子を使っているらしい。

安定感のなさ気な杖だったので、帰宅後プレゼントした。

「30年前の杖をずっと大切に使ってたので嬉しいわ。」っと

一言、ありがとうでいいんだけどね、、、、っと思いつつ

(母はロジカルタイプなのでこういう言い方なのだろうけど)

以前、稲場真由美先生に頂いたアドバイスを参考に

苦痛なラインを既読スルーせずに返事したり

相手のタイプが違うことがわかってるので

受け取りやすい言葉で返信を心がけている。

気持ちの悪い患部の写真を送りつけてきても、、、、💧

頑張って返信。

これから、、、、

自分の思うようにしかしたくない人。

私は、いろいろな物事をきっちりリスト化して欲しい。

母も、弟も、その嫁も

それは難しそうで、、、、、

すごい量の書類を整理する代わりに

壁に収納家具を作り隠して収納。

一事が万事、そういう感じなのでたちが悪い。

結局、

父の財産の総額もわからないまま現在に至るのだけど、、、

パパと娘は、私の思いを理解してくれているので

パパは、その時になってまた勝手にされるなら

法的手段をとればいい、、、、という。

私はどうしたいのか?

自分はどうしたいのか??

そこなのよね。。。。。

結局、

私は謝ってほしい。

私を傷つけたことを

ないがしろにしたことを謝ってほしい。

きっと母に言ってもそんな謝ることはないし

大切に育てたと言い張るだろうけど、

母は、家族を不幸にしかしていないと思う。

とはいえ、、、、、

親は・・捨てれない。

ただただ、

父と母の亡くなる順番が逆だったら良かったと思う。

最後に、、、

この記事を読んで、不快感を覚えた方は

ここまで読み進んでないでしょう。

自分でも・・書くのをためらう

このブログの内容は、

私がずっと隠し込んでたことばかりなんです。

ただ、低かった私の自己肯定感や

これまでのトラウマになってる

抱え込んでる問題を紐解くと

結局、一番大きいのは母への不信感と恨みなんです。

でも、捨てれないし、気になるしで

同じような思いをしていらっしゃる方が

この記事を読んで、自分だけじゃないと思っていただければ

少しでも共感していただける方がいたら

と思い気持ちを赤裸々に綴りました。

過去は、戻らないけれど

今や、未来は、自分次第です。

カウンセリングとか受けなくても

性格統計学で自分を、

自分を苦しめている相手を知ることで

自分が救われます。

人生100年として半分。

残りは、心軽やかにまったり暮らしたいです♪

最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)k

友だち追加

公式ライン登録記念3つ🎁伝え方5%OFFコード🎁完全版エンディングノートPDFデータ(44p)ダウンロードページとパスワードをお知らせします♪🎁ストアカ講座毎回600円優待クーポンプレゼント!!🌈公式ラインは、タブ式リッチメニューを使っています。タブ(上部メニュー変更)は2回タッチしてね!(前は1回だったけど♪)「エルわか」(無料システム)を使うと公式ラインが簡単に使えます!公式ライン講座で使い方説明できます!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

MK

自己肯定感の低かった私が、「性格統計学」を学び、色々なことに挑戦!現在、ストアカで「イメージをかたちに🌈デジタルクリエーター」として”公式ライン設定講座””無料有料ブログ作り方講座””スマホで編集からYou Tube投稿までの講座””終活講座”とカスタマイズ講座(WiXホームページ作成)開催中です!!ズームで打ち合わせしながら私が作成することもできます。🏠マークから御覧ください。詳細説明ページがあります。お問い合わせは、🏠マークからお問い合わせ・ストアカ質問・公式ラインからお願いします🍀自己紹介ページ更新予定🍀

ブログタイトル変更しました!3/11

1

ふと考える、、、、、自分が死んだら?親が死んだら?その時に備忘録としてのエンディングノートを残すことが家族に、残る人のために大切なツールだと思って勉強し始めた終活。勉強するうちに、終末期の心のケアについても考えるようになりました。

2

終活セミナーをまもなくスタートいたします!私の考える終活は、今を大切にするための終活。家族に伝えるための終活。20代からでも、各世代の終活を考えるセミナーをしていきたいと思います。

3

独身、子育て世代、ゆったり世代、20代、30代、40代、50代、60代〜 一人ひとり生活のリズムや環境が違います。大切な人の、またもしもの時のために終活の流れや全体像を考えてはいかがでしょう?ストアカ・MOSHにて終活セミナー開催しております。

-親との確執
-,